当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

特別取材

2010年11月4日更新

新しい羽田、始まります! - 日本航空

羽田空港の新しい国際線旅客ターミナルビルと4本目となる滑走路(D滑走路、2500m)が10月21日にオープンし、31日には定期便の就航も始まった。これに合わせ日本航空では、国際線旅客ターミナルビル内に新ラウンジを開設、同社としては初となる到着客専用ラウンジも設置した。オープン前の19日には報道陣に公開、ビジネス香川編集部も参加した。

24時間運用可能な羽田は、海外から早朝に帰国してそのまま仕事にも向える環境。ビジネスでの利用がますます広がりそうだ。

高級感あふれる専用ラウンジ

欧米アジア路線の新規就航で、路線、便ともに就航が拡大した日本航空。国際線旅客ターミナルビルに開設した専用ラウンジは、早朝から深夜までの幅広い利用客のニーズに合わせ、マッサージチェアやシャワールーム、食事などの内容を充実させたのが特徴だ。ファーストクラスなどの乗客が対象の「ファーストクラスラウンジ」、エグゼクティブクラス利用者などが対象の「サクララウンジ」、到着客専用の「アライバルラウンジ」の3タイプ。

全席1人がけシートを配して、空間にゆとりを持たせたファーストクラスは重厚な雰囲気。サクララウンジはニーズに合わせ、ビジネス・エクスプレスエリア、デリ&エンターテインメントエリア、クワイエット&リラックスエリアの3エリアで構成されている。早朝に帰国しそのまま出社する場合は、アライバルラウンジを利用してビジネスモードに切り替えることも可能。

IT環境はファースト、サクラ、アライバルともに、有線・無線によるネット接続が可能で、座席には電源などのコネクターも取り付けられている。また食事のサービスは、それぞれの利用時間に合わせて、和洋中の朝昼夕食をとれるようになっている。

国内線第1ターミナルビルでは、国際線専用ラウンジ開設に合わせて、国内線専用ラウンジもリニューアル。こちらも様々な機能・設備を充実させた。

移動はスムーズ、専用シャトルバス。高松-羽田は1便増便

国際線までの移動が気になるところだが、国内線第1ターミナルからは専用シャトルバスが運行し、両ターミナルを結ぶことになる。

日本航空では羽田空港の4本目の滑走路(D滑走路)運用開始に合わせ、10月31日から高松・羽田便を1便増便し、1日6往復となった。1408便(高松15時05分発、羽田16時15分着)、1407便(羽田13時05分発、高松14時25分着)が増え、高松・東京間がよりスムーズになった。

都心に近い羽田空港が持つ利便性と、国内線から国際線への接続の良さ。今後のビジネス利用に期待が高まる。

※ラウンジの利用対象などはJALホームページで。
URL:http://www.jal.co.jp/inter/lounge/
ページの先頭へ移動