ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

朝日新聞購読のご案内

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

特別取材

2011年2月3日更新

不況に挑む。~売れない時代にチャンスを拓く~ あらゆる車種の買取、直販 - 向陽自販

米国発の経済不況の影響に歯止めがかからない。日本経済を支えてきた自動車業界の減産体制はいつまで続くのか、誰にも予想すらできない。まさに「売れない時代」の到来である。一方、あきらめムードすら漂う県内自動車販売業界にあって、一人気を吐く中古車ディーラーもある。良品質・低走行車に特化した中古車買い取り・販売を行う向陽自販だ。同社の岡 隆夫社長は「今こそ、チャンス」と言い切る。

広がる買い取り車種

昭和56年の創業以来、適正価格と適正利潤にこだわって新車・中古車販売、修理などを展開してきた向陽自販。四国では珍しい単独買い取り専門店を出店するなど、独自の買い取り直販体制を確立し、高価買取と良品質車低価格販売で他の中古車ディーラーとの差別化を実現している。

近年では商用車の買い取りも積極的に展開。リース会社やカーディーラーに引き取られれば値の付かない6、7年落ちの商用車でも、10万円から、時には数十万円という金額で買い取るほか、新車導入時には値下がり率の低い車両を提案するなど、買い取りだけでなく、企業の車両コスト削減に関するコンサルティングも行っている。

現在、こうした法人へのサービスはさらに広がり、トラックや建設機械などの取り扱いが急増。数年前、高松市鬼無町に四国では最大級となるトラック・建設機械の展示場も開設した。

「現在四国には、トラックや建設機械専門の買い取り業者が少なく、適正価格を下回る金額で手放している企業が多い。本当は価値があるのに、タダ同然で処分している。本当にもったいない。当社では、乗用車や商用車で培ってきた買い取りと販売のノウハウを生かし、こうした特殊車両についても適正価格での流通を実現しています」(岡社長)。

海外へ売っていく

同社には、買い取り車種の拡大、高価買い取りを裏付ける直販体制がある。2つの店舗とトラック専門の展示場、インターネットによる国内外への販売だ。転売を目的としたブローカーではなく、きちんとユーザーに届ける、顔の見えるビジネスが基本だ。

「入口を広く持つ分、出口も広く持つ。だから高く買えるし、安く提供できる。それがお客様を裏切らない約束にもなる」(岡社長)。

特に期待されるのは、数年前から開始した海外への販売。全国的に業者は増えつつあるが、四国はまだ手付かず。同社が先駆者的存在だ。

「貿易会社など人任せにせず、こつこつと手探りでやってきました。おかげでノウハウやネットワークも確立できた。売上としては1割程度と足踏み状態ではありますが、これを5割ぐらいまでは持っていきたい。可能性はあると思います」(岡社長)。

世界同時不況の中でも安定的に需要があるのは、トラックや建設機械。特殊な車両だけに、価格競争も少なく適正なビジネスになりやすいという。トラック・建設機械の買い取り拡大と、ストックヤードの確保も後押しとなって、ビジネスチャンスはさらに広がりそうだ。

売れない時代だからこそのチャンス

実は販売よりも「いかに多くの車両を仕入れることができるか」が重要と、岡社長は言う。この数年、中古車市場において値段の上下動が激しい。しかしこれは買い取る側にとってはチャンスでもある。「売れないことを悩むより、品揃えを充実させるチャンスだと思っている。当社なら、どこよりも高く買い取ります」(岡社長)。

経済状況から察するに処分される建設機械が増加することも考えられる。車両経費の削減に悩む企業も少なくないだろう。岡社長の言うチャンスの一つがこれだ。

また、同社が創業以来こだわってきた適正価格と適正利潤。いわゆる「ベストプライス」による顧客との信頼関係は、売れない時代だからこそ、チャンスをつくる。

「お客様がいなくなったわけではない。車は必要だし、買い替えの需要も必ずある。重要なのは『どこよりも高く買い取って、どこよりもコストパフォーマンスの高い商品を提供する』ということ。常にベストプライス。お客様の利益が最優先。この基本姿勢を貫くことで、必ずお客様にご支持いただけると信じています」(岡社長)。

同社は、地球環境や国際支援に関わる社会貢献も取り組みの一つとして掲げた。地域においては、所有するトラックや建設機械を災害時の支援として無償貸与するという。岡社長は常に前向きだ。「元気でいれば、元気な企業や元気な人との出会いがあるし、前向きなチャンスが生まれる。こんな時だからこそ、明るく知恵を出し合っていきましょう」と笑う。不況に挑み、売れない時代にチャンスを拓くのは容易ではない。しかし生き残るのはきっと、理念を曲げず、顧客や社員、取引先、地域を裏切らない真面目な企業に違いない。

向陽自販

本店
高松市三名町385
TEL 087-888-3333
FAX 087-889-1331
営業時間/9:00~19:00
休日/第2水曜日
クルマ買取ステーション
高松市伏石町513-1
TEL 087-815-0018
フリーダイヤル 0120-51-2500
FAX 087-815-0016
営業時間/9:00~19:00
休日/第2水曜日
KOYOトラックスジャパン
高松市鬼無町1044-1
TEL 087-875-0333
FAX 087-875-0377
営業時間/10:00~19:00
休日/毎週日曜日

広告掲載はこちらをクリック!



讃岐を歩く

まんのう町帆山地区を歩く。夏の季語でもあるひまわりが、町を鮮やかに彩る。花言葉は「あなだたけを見つめる」。暑く感じるのは、君と目が合った僕だけかな。

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動