当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

香川の元気印!

2011年10月20日更新

情熱と誠意を信頼につなげる“どこにもない”楽器店 - たかまつ楽器

先代が軽トラック1台で仕事を始めた、高松市伏石町の有限会社たかまつ楽器。県内では珍しかった中古ピアノの買い取り、整備、販売に目を付け、新品と中古品それぞれの魅力を生かした楽器販売を手掛ける。

経営理念はそのままに、代表取締役の香西かおりさんは女性ならではの感性でさらなる飛躍を目指す。

ピアノのお医者さん

1976年の創業から、国内メーカーの新品ピアノの販売を手掛けており、中古品の取り扱いは15年以上になる。どちらも捨てがたい魅力があり、購入者の希望に合う商品を提案している。「ピアノは高級品。お客さまには納得の上で買っていただきたいと思っています」と香西さん。

新品は寿命が長く、使えば使うほど「自分に合う楽器」になっていく。種類も豊富で好きなものが選べる。中古品はリーズナブルで、使い込んだ楽器特有の音が強み。音色は新品に勝るとも劣らない。買い取りの後、自社工房で隅々まで整備しているため、安心の品質だ。

楽器の場合、値段の違いがどこに表れるのか、専門的な知識がないと分かりづらい。「お子さんの付き添いで来たお父さんにも理解していただけるよう、分かりやすい説明を心掛けています」。常に音楽への情熱を持つことと、誠意ある対応をスタッフに徹底させている。

「お買い上げいただいたピアノの配達前には、担当者が心を込めてもう一度拭き上げます」。ピアノにとって医者ともいえる専属の調律師を抱え、アフターサービスも万全。メンテナンスもお任せだ。

世界三大ピアノ

香西さんが父から会社を受け継いだ後、新たに始めたのが世界三大ピアノの一つ、ドイツ製「ベヒシュタイン」の取り扱いだ。四国唯一の正規代理店になった。

スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタイン。三大ピアノのうち、広く知られているのはスタインウェイだが、香西さんはベヒシュタインの音色に魅了されている。「作りがいいから音もいい。弾くことの楽しさを教えてくれるピアノです。早く上達できるんですよ。多くの人に知っていただきたいですね」

国産品が均質な優秀品であれば、ヨーロッパ製は愛せる芸術品。輸入ピアノならではの楽しみがある。

オーダーメイドの教室

サンフラワー通りに面した店舗の1階がピアノショールーム、2階が音楽教室になっている。教えるのは、ピアノのほかバイオリン、フルート、声楽など。30人近い講師が所属し、伏石町の店舗以外でも、県内約20カ所で教室を開催。相談に応じて講師宅や出張でのレッスンも行う。

入社前は宝石デザイナーをしていた香西さん。子どもの頃ピアノを習っていたが、途中で挫折してしまったそう。継ぐ決意を固めた後、レッスンを再開するも楽譜を前に悪戦苦闘。続けることの大切さを実感した。

「子どもが長く続けられる教室を」と考え、個人に合ったプログラムを設定するように。音楽大学進学を目指す、ピアノ演奏と声楽を一緒に学ぶ、大人向けのレッスンなど、まさにオーダーメイド。習熟度を確認できるグレードテスト、発表会、クリスマス音楽会を実施し、目標に向かってレッスンに励むことができる。「人前で演奏する喜びと、人と音楽を共有する喜びを感じてほしいですね」

講師陣も演奏会を実施。クラシックに限らずポップスやアニメソングも披露し、音楽になじみのない人にも親しみやすいように工夫している。月に1度の定例勉強会に加え、スキルアップのための講習会も開く。「多様化するニーズに応えられる、引き出しの多い先生が増えれば」。自身の経験が教室運営に生きている。

「大きく」よりも「強く」

音楽とは関係のない業界から来たことがよかったのでは」と香西さん。音楽や楽器の専門家とは違う視点で考えることが、経営にとってプラスになっている。決して上向きとは言えない業界の中で、売上を落とさずに続けてきた。「父は会社の信用を築いてくれました。経営の精神とともにこの信用もずっと引き継いでいけたら」。より細やかな対応で、販売事業や音楽教室を充実させ、〝どこにもない楽器店〟を目指す。

「今は多店舗で会社を大きくするよりも強い経営を。目先の利益にとらわれず、お客さまに合わせた提案を今後も大切にしていきたいですね。若いスタッフも多いので、一緒にいい組織作りをしていければ」

「売るだけ」「教えるだけ」ではない誠実な応対が信頼を生み出していく。

どこにもない講師陣とどこにもない楽しさを

個人に合わせたオーダーメイドの教室「青い鳥音楽教室」は、「楽しく身につく質の高いレッスン」を目指している。生徒、講師ともに随時募集中。講師は独自の採用試験をクリアした精鋭がそろう。たかまつ楽器オリジナル企画のイベントも多彩に展開している。

フード・リサーチ

所在地
高松市伏石町2062−5
TEL:087-866-5757 / FAX:087-866-0050
URL:http://www.takamatsu-gakki.jp/
資本金 650万円
従業員数 34人(所属講師含む)

沿革

  • 1976年 創業
    有限会社たかまつ楽器 設立
  • 1985年 高松市林町旧空港通りに新店舗建設
  • 1991年 高松市林町1897番地に教室を新築移転
    ショールームを高松市松縄町に移転
  • 1993年 高松市林町の教室1階をショールームに改築
  • 2003年 高松市伏石町サンフラワー通りに現在の新店舗建設

広告掲載はこちらをクリック!



讃岐を歩く

三豊市の宝山湖を歩く。青空の下、涼しい風と湖畔に咲く赤や白の彼岸花が秋の到来を感じさせる。一面に広がる鮮やかな色を前に、足を止める。どこか寂しく感じるのはなぜだろう。

photo:石井大地

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動