当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

BK News

2015年2月19日更新

「香川発未来人」出版記念 第6回ビジネス香川交流会を開催

ビジネス香川の第6回交流会が2月4日、高松市で開かれ、紙面で紹介した企業経営者をはじめ、浜田恵造知事や大西秀人高松市長ら県内の政治や経済、文化などの各分野から約140人が出席した。

交流会には、昨年12月に就任した朝日新聞社の渡辺雅隆社長が主催者を代表し、「ビジネス香川からは、みなさんの地域愛にあふれる様子がひしひしと伝わってくる。一生懸命がんばっている人を紹介できてうれしく思う」とあいさつした。

また、総本山善通寺の樫原禅澄法主が、「哲人弘法大師空海」と題し講演。「四国遍路には違う宗派の人たちが仲良く集まっている現実がある。一人でも多く香川や四国に来てくれれば、平和の心を体験できて世界平和に貢献できる」と話した。

この日は、ビジネス香川の「プライムパーソン」「Next開拓魂」をまとめた「香川発未来人(みらいびと)」の出版も紹介され、篠原正樹編集長が「この本は様々な人たちのドラマチックな人生が描かれている」とアピールした。

広告掲載はこちらをクリック!



讃岐を歩く

寒霞渓と並ぶ小豆島の景勝地、銚子渓。この渓谷にある「自然動物園 お猿の国」では、約500匹の猿が戯れる。子猿の愛くるしい表情がなんとも言えない。冬の風物詩「猿団子」も見ものだ。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動