当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

さぬき味探訪

2016年9月15日更新

讃岐の食文化とため池

香川県は厳しい渇水の危機に見舞われています。配水、物流インフラが整備された現在においても、降雨がないと瞬く間に渇水の危機に瀕し、水のありがたさを実感します。今回、讃岐の生活におけるため池の重要性を考えたいと思います。

讃岐の農業を考えるうえで、ため池の存在を忘れてはなりません。降水量の少ない香川県は古来より水不足に悩まされていました。また、南北の距離が狭いため、ひとたび降った雨は瞬く間に海まで流れ込みます。そこで、わずかな水を効率的に活用するため、非常に高度な治水・水利システムが発達しました。そのシステムを支えるのが、ため池の存在にほかなりません。

そもそも、讃岐平野の南北に整然としている水田は、奈良時代に整備が始まった古代条里制の名残りであり、平安時代の記録からは、現在の香川県の耕地面積の6割がすでに完成したとされています。その後、江戸時代には西嶋八兵衛、矢延平六に代表される土木技師の活躍により、海に向けて農地の開拓が進み、並行して河川の氾濫は治まり、讃岐平野の農地と水利システムは完成しました。そして、増加する農地の水を確保するためにたくさんのため池が整備され、現在14,000カ所と言われるため池の多くが江戸時代に作られたと伝わります。

讃岐平野を車で走ると、あちこちにため池の存在を確認できます。それもそのはず、ため池の数は、全国3位で、これを県土面積で割ったため池密度は全国1位になります。また、現在香川県の水を支える香川用水の開通は1974年、それ以前、香川県の農業用水のため池への依存度は70.4%、現在でも50.1%。全国平均8.9%を比べると依存度の高さは群を抜いています。私たち香川県民にとって、ため池がどれだけ重要な社会インフラであるかは、数字から簡単に理解することができます。

文明は川とともに発展したと言われますが、香川県においてはため池がその役割を果たし、私たちに豊かな実りや文化をもたらしてくれているのですね。

生活に欠かすことのできないため池にも限りがあり、ひとたび渇水に見舞われるとたちまちにして水と食料の危機に瀕していました。そのため日々の生活を引き締め、水一滴、米一粒までもを粗末にしない香川県民の倹約家の精神はこのようなところに由来するのでしょうね。

もっそうめし(写真:香川県農業経営課)
もっそうめし(写真:香川県農業経営課)

讃岐には混ぜご飯や炊き込みご飯、バラ寿司(ちらし寿司)など、ご飯にいろいろな具材を合わせる料理のバリエーションが実に豊富です。
今回紹介する「もっそうめし」は、三豊市三野町に伝わる郷土料理で、炊きあがった白飯に、甘辛く煮た季節の具材と煮汁を混ぜ合わせていただきます。
これもひとえに、米を大切にしようとする心が形となって表れた料理にほかなりません。

シニア野菜ソムリエ 末原俊幸さん

高松市市場業務課 主査
シニア野菜ソムリエ 末原 俊幸さん

9月15日発行号「さぬき味探訪」でご紹介した
「讃岐のため池に関するデータ」に一部誤りがありました。
ビジネス香川紙面では「ため池密度」の数値が「7.79箇所/ha」とありますが、
正しくは「7.79箇所/km²」です。
読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

広告掲載はこちらをクリック!

さぬき美探訪とは

美術館や博物館の学芸員と野菜ソムリエが香川が誇る「美」と「味」をご紹介します。



讃岐を歩く

三豊市の宝山湖を歩く。青空の下、涼しい風と湖畔に咲く赤や白の彼岸花が秋の到来を感じさせる。一面に広がる鮮やかな色を前に、足を止める。どこか寂しく感じるのはなぜだろう。

photo:石井大地

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動