当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

承継学のススメ

VOL.209 2017年1月19日

承継学のススメ VOL.1

経営者の高齢化や後継者難などで、2005年頃から中小企業の事業承継が注目され始めました。

事業承継は、技術や人材、事業モデルなどを受け継ぐ「経営・事業の承継」と、財務・税務が関係する「株式の承継」に大別できます。中でも株式は、非上場会社の経営者にとってオーナーシップの源泉の一つです。優れた役員・従業員を抜擢して、株式を保有しない経営者を選任することもできますが、やはり多くの事業承継で株式の移動は必須の課題といえます。株式の承継には、主に三つの問題があります。一つは、相続税や贈与税の問題。二つめは環境変化、三つめは資金調達の問題です。

株式の移動を検討する際に、まず税金の問題に直面します。非上場会社の株式を親族内で承継する場合、課税上弊害がない価額で移動を検討しなければなりません。ところが非上場会社の株式はマーケットで値がついていないため、その適正な価格が不明です。価格が不明だからといって勝手に値決めして取引を行うと後で思わぬ課税を受けてしまいます。そこで、課税上弊害がない価額で取引を行うのですが、税法上定められている評価方法で株式を評価すると、想像をはるかに超える高額の財産となってしまうことがよくあります。自社の株式は現金化が困難にもかかわらずそれが高額の評価をされ、その移動に際して多額の課税がなされる。この税負担が、株式の円滑な承継の障害となっています。

税務は複雑で分かりにくく、本業に忙殺される中、自社株式の承継を検討する余裕がなくどうしても先送りになりがちです。とはいえ、何も対策を講じなければ急に相続が発生した際に、相続人が多額の税負担を避けることができなかったり、相続人の遺産分割協議がまとまらない原因となったりするのです。次回は二つめと三つめの問題について詳しく紹介します。(次回に続く)


みどり財産コンサルタンツ 代表取締役 社長 川原 大典

みどり財産コンサルタンツ 代表取締役 社長 川原 大典

1998年愛媛大学法文学部経済学科卒業。東京書籍を経てみどり合同経営グループへ。2004年よりみどり財産コンサルタンツに所属し、経営者と資産家のための資産保全コンサルティング業務を担当。14年4月みどり財産コンサルタンツ代表取締役社長就任。

みどり財産コンサルタンツ

所在地
高松市栗林町1-18-30 みどり栗林ビル3階
地図
会社概要 2003年設立。04年から本格稼働し、中小企業の相続事業承継対策を中心にクライアント企業に支援を行う。これまでに「事業承継」を支援したクライアントは、300件以上に上る。
URL http://www.midori-zc.co.jp

広告掲載はこちらをクリック!

承継学のススメとは

事業承継のエキスパート「みどり財産コンサルタンツ」が事業承継にまつわる具体的な問題について答えるコーナーです。



讃岐を歩く

三豊市の宝山湖を歩く。青空の下、涼しい風と湖畔に咲く赤や白の彼岸花が秋の到来を感じさせる。一面に広がる鮮やかな色を前に、足を止める。どこか寂しく感じるのはなぜだろう。

photo:石井大地

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動