ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

朝日新聞購読のご案内

文字サイズ
標準
拡大
  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

動向リサーチ

VOL.212 2017年3月2日

2016年香川県休廃業・解散企業動向調査 東京商工リサーチ

香川県で2016年に休廃業・解散した企業数は331件(前年比12.9%増)で、調査を開始した2000年以降最多だった10年の307件を上回り、過去最多を更新した。

16年の企業倒産は40件(前年比21.5%減)となり、平成以降では1990年の29件に次ぐ過去2番目の低水準だった。倒産が沈静化する中で、水面下では倒産の8倍に及ぶ企業が休廃業・解散に追い込まれ、年間300件を超える企業が市場から撤退している。

東京商工リサーチ調べ
 

※東京商工リサーチが保有する企業データベースから休廃業・解散が判明した企業を抽出。「休廃業」は、資産が負債を上回る「資産超過」状態での事業停止で倒産には集計しない。「解散」は事業継続を断念する点では倒産と同じだが、資産に余力を残して清算手続きをとるケースもあり、「解散」決議の段階では倒産に集計しない。

産業別で最多は建設業の80件(構成比24.2%)。次いで、飲食業や宿泊業、非営利的団体などを含むサービス業他の68件、小売業の52件、製造業、不動産業が各38件と続いた。全10産業のうち7産業で前年より増加。増加率では金融・保険業が66.6%増、農・林・漁・鉱業が57.1%増と高い伸びを示した。

東京商工リサーチ調べ
 

法人別で最多は有限会社の141件。以下、株式会社106件、個人企業74件、特定非営利活動法人(NPO)6件、合資会社、協同組合、企業組合、財団法人が各1件だった。

NPOは2007年は0件だったが、08年から増勢を辿り13年にピークとなる14件を記録。その後も一定数の企業が休廃業・解散を選択している。NPO法施行から20年近くが経過し創業者の高齢化が進む中で、後継者のいないNPOの解散の増加が背景にあると見られる。

休廃業・解散した企業の代表者の年齢別(判明分のみ)では、60代が39.1%で最多。次いで70代の33.0%、80代以上の14.3%と続き、60代以上が86.5%を占めた。

次世代に経営を承継できず代表者限りの前提で事業を継続してきたが、その代表者の高齢化及び事業意欲の減退とともに休廃業・解散を選択する企業が増えている。

休廃業・解散企業の従業員数合計と平均従業員数では、08年に平均4.4名だったが、その後漸減傾向を辿り、16年には2.4名にまで減少。休廃業・解散企業の小規模化が浮き彫りとなった。人手不足や後継者難など人材面の要因により事業継続を断念するケースが増えていると見られる。

政府は16年6月2日に「日本再興戦略2016」を閣議決定し、15年度の名目GDP(国内総生産)532兆円を600兆円に引き上げる目標を掲げた。これを受けた形で日本銀行は金融機関向けに「再チャレンジ支援、事業再生・廃業支援」セミナーを開催。事業の展望が描けない企業に人材や資産を縛り続けることは地域経済に望ましくないとの認識を示し、事業再生や廃業支援への取り組み強化を促した。金融庁も「金融仲介機能のベンチマーク」を公表。選択項目に「転廃業支援先数」を設定し、事業承継や転廃業支援への取り組みを強めている。この取り組みが本格化し、金融機関が経営者の経営手腕や扱い商品の将来性、市場性、業績などを含めた「事業性評価」を推し進めると、金融支援に胡坐をかき、抜本的な事業再生を先送りしてきた企業の市場退出が現実味を帯びてくる。

日本の雇用環境は日常業務を通じ職能スキルを向上させるOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)が中心だ。それだけに他業界で必要な技能を日常業務の中で習得することは難しい。経済センサスによると従業者数の約70%を中小企業が占めている。これら企業の休廃業・解散が加速する前に、廃業支援や後継者育成、雇用者支援にとどまらない官民一体となっての新規参入を促す起業支援など新陳代謝を活性化させる基盤作りも急務になっている。

東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長 立花 正伸

広告掲載はこちらをクリック!

動向リサーチとは

「動向リサーチ」は、東京商工リサーチがまとめる詳細な情報データに基づき、株式会社東京商工リサーチ 四国地区本部長兼高松支社長・立花 正伸さんが香川の経済動向を鋭く分析します。



讃岐を歩く

三豊市詫間町の紫雲出山(しうでやま)の春は、約1000本の桜で淡いピンク色に染まる。思わず足を止めて見とれてしまう。やわらかな風に舞う桜の花びらはどこへ行くのか。思いを馳せながら、己の道を歩く。

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動