ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

朝日新聞購読のご案内

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

かがわのエンジン

VOL.216 2017年5月4日

新品種の名前は「香大農R-1」。
ジャムやジュースへの活用も進んでいる
 

ブドウは、気温が高すぎるとキレイに色づかない。たとえ味がよくても色が薄いと高く売れない。そこで、目指したのは暑くても退色しない生食用ブドウ品種の開発だ。沖縄に自生する野生種「リュウキュウガネブ」とマスカットを交配し種を得て3年後、暑い夏でも鮮やかな色の実がついた。しかし、実は野生種のように小さく生食用には向かなかった。色も味も申し分ないのに、何とかできないか。悩んだ末、品種改良を重ねるのではなく、この品種をそのまま生かすにはどうするべきか考え、ワインにたどり着く。

ワインの名前は
「ソヴァジョーヌ・サヴルーズ」
(かぐわしき野生の乙女)

かかわったのは香川県や県内の生産者をはじめ、香川大学の片岡郁雄農学部長、日本の野生ブドウを研究している望岡亮介農場長、食味評価でひたすらブドウを食べた学生たち。それに、さぬきワイナリー(さぬき市)だ。ワイナリーでは当時、目玉となるワイン開発を検討していたため、地元大学発の新品種という話題性、抗酸化作用があるポリフェノールなどを多く含む点も原料として魅力的だった。こうして交配から10年以上たった2006年、ワインは誕生した。

果樹の品種登録からワインの商標登録まで携わった片岡学部長は言う。「農業の世界では『品種に勝る技術なし』だ」と。いい品種とそれを最大限に生かす技術があれば、香川が産地として国内外に認められる可能性がある。温暖化が進む今、R-1ブドウが暑さに強い品種として世界中のメーカーで使われる日がくるかもしれない。


お問い合わせ TEL:087-891-3008
HP http://www.ag.kagawa-u.ac.jp/

広告掲載はこちらをクリック!

かがわのエンジンとは

今後の時代のエンジンとなって、香川経済をけん引していく企業や団体の技術と商品をご紹介します!
このコーナーは、下記の企業が協賛しています。
かがわ産業支援財団、サンテック、フソウ、レクザム



讃岐を歩く

まんのう町帆山地区を歩く。夏の季語でもあるひまわりが、町を鮮やかに彩る。花言葉は「あなだたけを見つめる」。暑く感じるのは、君と目が合った僕だけかな。

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動