当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

かがわのエンジン

VOL.222 2017年8月3日

オリーブパスタと
オリーブパスタの断面
 

「夏のお昼はそうめんが定番、というのは昔の話になりつつあります」。小豆島でそうめんを製造する共栄食糧の代表取締役・北原祥一さんは言う。そもそもそうめんが売れるのは夏だけ、加えてラーメンやパスタに押されてそうめん自体の需要も減っている。そんな中、1年を通して売れる特徴ある商品を作りたい、との思いで麺とスープにオリーブオイルを加えた「オリーブラーメン」を開発した。

その後、満を持して発売したのが、オリーブオイルと香川産小麦・さぬきの夢を使用したオリーブパスタ。最大の特徴はその形状だ。普通の麺は断面が丸いが、これは麺に溝をつけて凸型にすることで、ソースがからみやすい上にゆで時間も短縮できる。手延べの技を生かして、もちもちした食感も実現した。この製法について特許を取得。また、ラーメンとパスタともに香川県知財総合支援窓口を活用して商標登録をした。「今後も地元素材を生かして、お客さんに驚いてもらえる商品を開発していきたい」と北原さんは意気込む。

共栄食糧=TEL.0879・62・5826

〈香川県知財総合支援窓口〉
特許・商標の出願など中小企業が抱える知的財産に関するあらゆる悩みや課題の解決に向け、無料でワンストップサービスを提供する窓口。セミナーと臨時相談も実施している。9月と11月は小豆島町、10月は東かがわ市とまんのう町で開催。

お問い合わせ 公益財団法人 香川産業支援財団 知的財産支援部
TEL.087・867・9577
HP http://kagawa-isf.jp/sien/chizai/support/index.html

広告掲載はこちらをクリック!

かがわのエンジンとは

今後の時代のエンジンとなって、香川経済をけん引していく企業や団体の技術と商品をご紹介します!
このコーナーは、下記の企業が協賛しています。
かがわ産業支援財団、サンテック、フソウ、レクザム



讃岐を歩く

三豊市の宝山湖を歩く。青空の下、涼しい風と湖畔に咲く赤や白の彼岸花が秋の到来を感じさせる。一面に広がる鮮やかな色を前に、足を止める。どこか寂しく感じるのはなぜだろう。

photo:石井大地

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動