当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

かがわのエンジン

VOL.224 2017年9月7日

ピンクのプチCTGで胎児の心拍を、
ブルーで妊婦のおなかの張りを測定
 

現在、第1子出産時の平均年齢は約20年前に比べ3歳高い30.7歳(平成28年人口動態調査)。高齢出産はお産のリスクも高くなり、無事出産するまできめ細かいケアが必要だ。一方で産婦人科・産科の数は減り続け、近くに病院がない島しょ部や山間部に住む人は、定期検診のために何時間もかけて通院しなければならない。

そこで、通院の負担を少しでも軽くするため、家にいながら赤ちゃんやお母さんの状態を診察できるよう開発したのが「Melody i」というシステムだ。病院にある分娩監視装置を小型化した機器「プチCTG」を使って、妊婦が自分のおなかの張りと胎児の心拍を20分ほど測定。サーバーを経由して送られたデータをもとに、医師は母子の健康状態を遠隔で診断できる。

「難しかったのは、病院にある大きな装置の機能をこの大きさに収めることと省電力化」とCEOの尾形優子さんは言う。データはスマホでも確認できるため、医師は病院以外の場所でも診断でき、インターネット経由で指示ができる。また、こまめに測定することで自覚症状がないリスクも早めに察知できるなど医師のメリットも大きい。

「今後は、電子母子手帳と連携して妊娠中から出産後のお子さんの健康状態や予防接種までトータルでケアしたい」と尾形さん。来春発売を目指し、今秋から全国の病院で実証実験が始まる。

メロディ・インターナショナル=TEL.087・813・7362

〈ネクスト香川インキュベート工房〉
メロディ・インターナショナルも入居している「ネクスト香川」は新技術・商品の開発を目指す事業者に研究・試作を行うスペースを提供。電磁波テストなどを行う電波暗室も完備され商品開発には恵まれた環境。入居要件、使用料など詳細は下記まで問い合わせを。

お問い合わせ 公益財団法人かがわ産業支援財団施設管理課
TEL.087・869・3700
HP http://www.kagawa-isf.jp/next

広告掲載はこちらをクリック!

かがわのエンジンとは

今後の時代のエンジンとなって、香川経済をけん引していく企業や団体の技術と商品をご紹介します!
このコーナーは、下記の企業が協賛しています。
かがわ産業支援財団、サンテック、フソウ、レクザム



讃岐を歩く

寒霞渓と並ぶ小豆島の景勝地、銚子渓。この渓谷にある「自然動物園 お猿の国」では、約500匹の猿が戯れる。子猿の愛くるしい表情がなんとも言えない。冬の風物詩「猿団子」も見ものだ。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動