当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 承継学のススメ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

特選本

VOL.230 2017年12月7日

データ分析の力
因果関係に迫る思考法
著者 伊藤公一朗
光文社 780円

現在、私たちの周りには仕事上でも、日常生活の上でも大量のデータが溢れかえっています。情報通信革命は世界に大変化をもたらしました。その結果、データ分析の力というものが、様々な職種において要求されるようになりました。今回紹介する本は、今年の日経・経済図書文化賞を受賞しました。

最近読んだ日本経済新聞の記事によれば、出版界は統計学ブームが起きているといいます。確かに店頭で見ると統計や統計学の本が増えたと感じます。そんな中、本書は最先端のデータ分析の手法であるランダム化比較試験、RDデザイン、集積分析、パネル・データ分析などを、数式を使わずに分かりやすく解説しています。

たとえば自動車に対する燃費規制を集積分析の方法で見てみると、日本での規制は、自動車の重量に対して階段上に規制値が重くなります。アメリカでは車の面積ですが、日本では重量が規制の対象のために軽いクルマほど規制が厳しく、重い車ほど緩いという結果になっています。そのことを自動車メーカーはしっかり見ており、インセンティブに従って重量を上げているということがデータの集積分析ではっきり見て取れるということです。

ビッグデータの活用、情報技術の進歩が私たちの生活を、この先どんなふうに変えていくのか、心配もありますが興味深いことです。ビッグデータ+人間の判断力=真実であればいいと思います。

宮脇書店 総本店店長 山下 邦夫さん

宮脇書店 総本店店長 山下 郁夫さん 坂出市出身。約40年書籍の販売に携わってきた、
宮脇書店グループの中で誰よりも本を知るカリスマ店長が
珠玉の一冊をご紹介します。

広告掲載はこちらをクリック!

特選本とは

宮脇書店グループの中で誰よりも本を知るカリスマ店長・山下郁夫さんが珠玉の一冊をご紹介します。



讃岐を歩く

まんのう町塩入を歩く。甘柿であろうと渋柿であろうとも、柿色は目に鮮やかだ。二十四節気の「大雪」を迎え、そろそろ柿の季節も終わる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動