当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

かがわのエンジン

VOL.238 2018年04月05日

地震と津波を
リアルタイムでモニタリング

DONET(ドゥーネット)

地震と津波をリアルタイムでモニタリング DONET(ドゥーネット)
設置の様子。漁業活動に影響がないよう水深2000~
4000mの海底を1mほど掘削してセンサーを埋設。
センサーはチタン容器に入れて保護

近い将来起こるといわれている南海トラフ巨大地震に備え、海底の動きをリアルタイムで測定・監視するシステムが開発されている。「DONET」とよばれるこのシステムは、2006年から「海洋研究開発機構」(※注)によってプロジェクトがスタート。立ち上げから中心的な役割を担ったのが現在、香川大学地域強靭化研究センター長を務める金田義行特任教授だ。


「もともと陸上での観測網は整備されていましたが、南海トラフのように海底にあるプレートの変動を正確に把握するには、海からの観測が必要なんです」。現在は「DONET1」を熊野灘に、「DONET2」を紀伊水道から四国沖にかけて設置。51カ所の観測点で“海底の聴診器”が観測している。データは尾鷲市と室戸、海陽町にある陸上の拠点から気象庁などに送られている。

観測点に設置されているのは、強い揺れと人体には感じないゆっくりした揺れを検知する2種の地震計、水晶水圧計など。10年以上観測し続けることで、巨大地震の前兆として海底で何が起こっているのかが分かる。何より、プレート近くにあるため陸上で観測するより早く地震・津波の発生を検知。津波であれば陸上の観測点より約10分早く検知できる。「1分1秒が命の分かれ目になりますから、この時間は大きい」。一方で「いち早く情報を出してもそれを受けた市民の皆さんが、逃げるための行動をすぐに起こしてくれるかどうかが問題」とも指摘する。そのため、センターでは市民の防災意識を高めるようセミナーや講演会を開催している。

観測されたデータをモニタリングする様子
観測されたデータをモニタリングする様子

また、地震・津波を検知した場合、そのデータとあらかじめ準備している1500規模の津波浸水シミュレーションデータベースを使い、リアルタイムで浸水域を予測するシステムを構築している。「この情報は、消防や自衛隊などが救助活動をする際に活用できる。救助者の命を守ることにもつながる」と金田特任教授は言う。昨秋には坂出で、消防隊員を対象にシステムの情報を活用した救助訓練も行われた。

今後は、検知された情報を県や市町、住民へとスムーズに届けるための体制づくりを進め、四国全体での情報共有を目指す。

(※注)2016年から防災科学技術研究所に運用を移管

【問い合わせ】TEL.087・832・1656
【HP】https://www.kagawa-u.ac.jp/iecms/renkei/

かがわのエンジンとは

今後の時代のエンジンとなって、香川経済をけん引していく企業や団体の技術と商品をご紹介します!
このコーナーは、下記の企業が協賛しています。
かがわ産業支援財団、サンテック、フソウ、レクザム



讃岐を歩く

豊かに稔る

観音寺市大野原町にある豊稔池を歩く。その名は「水不足に苦しむ大野原の農地が、豊かに稔ることを願って」付けられたという。古城のように威風堂々たる堰堤は、国の重要文化財に指定されている。

Photo:T.nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動