ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

朝日新聞購読のご案内

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん高松築港・片原町・瓦町・栗林公園・仏生山駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

香川再発見

VOL.165 2015年3月19日

春と出合う

2月28日、3月1日に行われた総本山善通寺の大会陽。寒さ厳しい冬を越え、春と出合う年中行事。
1日は雨のため、恒例の「稲穂投げ」は形を変え、御影堂で稲穂と餅が配られた。境内は多くの人でにぎわう一方、法要は厳かに営まれた。

photo:H.Ninomiya

VOL.164 2015年3月5日

芳香に誘われて

栗林公園に咲く梅。芳香に誘われて、足取りも軽くなる。梅が咲けば、次は桜が待ち遠しい。春遠からじ。ぽかぽか陽気もすぐそこに。

photo:H.Ninomiya

VOL.163 2015年2月19日

朝の海で

水面に朝日が輝く、さぬき市津田の海岸。寒さをものともせず、小舟を浮かべる人がひとり。釣りをしているのだろうか。誰もいない海で人は何を思うか。

photo:H.Ninomiya

VOL.162 2015年2月5日

思いを馳せて

1月18日に玉藻公園で行われた高松城鉄砲隊の初打ち。甲冑(かっちゅう)を身に着けた隊員たちが古式火縄銃で射撃を行う。寒空の下、高松城跡で繰り広げられる迫力ある演武。その昔に思いを馳せる一場面だ。

photo:H.Ninomiya

VOL.161 2015年1月15日

日の出のように

さぬき市の海岸線から日の出を眺める。朝日は刻一刻と色彩を変化させ、その不思議に魅了される。くるくると表情を変え、飽きることがない。
2015年がそんな楽しい1年になりますように。

photo:H.Ninomiya

広告掲載はこちらをクリック!



讃岐を歩く

まんのう町帆山地区を歩く。夏の季語でもあるひまわりが、町を鮮やかに彩る。花言葉は「あなだたけを見つめる」。暑く感じるのは、君と目が合った僕だけかな。

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動